芸能と私の愛した日本人 長谷川一夫

20377034269

やくざと芸能と 私の愛した日本人

やくざと芸能と 私の愛した日本人

やくざと芸能と私の愛した日本人ビートたけし、絶賛。「こりゃあ凄い本だ!」日本人とは何か。水原弘、勝新太郎、石原裕次郎、三木鶏郎、野坂昭如、長谷川一夫、市川雷蔵、加賀まりこ、大原麗子、ビートたけし、石津謙介、白洲次郎、花形敬、菅谷政雄、司忍、波谷守之、安倍晋太郎、小針歴二、鈴木宗男……。芸能、やくざ、政治の世界における偉人たちとの交友を、著者が意外なエピソードとともに初公開。同時に、やくざという存在を、独自の切り口で歴史的に考察。この国が大切にしてきた日本人の心と、知られざる昭和裏面史が浮かび上がってくる、衝撃の一冊。 価格1404円~

2625132352305

サンデー毎日2012年1月4日発売号 1300001017-0-1291562

サンデー毎日2012年1月4日発売号

サンデー毎日2012年1月4日発売号毎日新聞出版ニッポンの「ど真ん中世代」を応援する、最も歴史のある総合週刊誌衆院選当落 完全予測 300選挙区一挙掲載 野田民主140議席減で分裂 橋下維新連合は35議席 “バカ連発”市長が握る次期首相 3 News Navi 16 「辰年の正義」対談 「ハーバード白熱教室」解説者 小林正弥千葉大教授vs.ジャーナリスト 斎藤貴男 22 長谷川一夫の教え、元夫と「軽井沢夫人」、父・浩吉の死… 女優 高田美和(64)が明かす 44年ぶりにヒット曲生披露の理由… 26 激闘永田町 連載296 1月国会は大荒れの模様 不適格者「山岡」をかばった「官房長官」のお粗末 30 岩見隆団塊の世代とその家族を中心に、幅広く支持されています。政治・経済・社会情勢を鋭く分析することで、硬派なスクープ記事も満載。また、毎年2月から始まる大学合格者速報号は教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。 1300001017-0-1291562 価格330円~

33377031454

杉良太郎 波乱の半生~本音で生きる~ 中巻 小渕総理と最後の電話

杉良太郎 波乱の半生~本音で生きる~ 中巻 小渕総理と最後の電話

杉良太郎 波乱の半生~本音で生きる~ 中巻 小渕総理と最後の電話2014年、節目となる芸能界デビュー50年目を迎えた杉良太郎が自らの波乱の半生をつづった―。20歳の時に「野郎笠」で歌手デビュー。NHK時代劇「文五捕物絵図」で人気に火がつき「水戸黄門」「遠山の金さん」「新五捕物帳」など時代劇の第一人者となった一方で、舞台役者としても年に1か月公演を6度務めるなど、通算公演でも110か月を超える金字塔を打ち立てた。また、デビュー5年前の刑務所慰問がきっかけで、福祉活動もスタート。現在では法務省・特別矯正監、外務省の日・ベトナム特別大使、厚生労働省・肝炎対策国民運動特別参与など国内外で活躍している。芸道や福祉の道、杉良太郎がたどった半生を上・中・下の3巻に凝縮。中巻では、親交が深かった名優・長谷川一夫さんや小渕恵三元総理らの死去に際した知られざるエピソードを振り返ります。 価格108円~

3377032759

the座 9号 雨(1987)

the座 9号 雨(1987)

the座 9号 雨(1987)名役者がどのようにして名人や達人になったのか――。古今東西の芸談満載!“芸談”とは、芸道に関する秘訣や苦心などの話。当代の役者へのインタビュー、江戸から昭和まで活躍した名優の芸談を特集する。元禄の坂田藤十郎に初代中村富十郎から、三代目菊五郎、四代目半四郎、九代目団十郎、初代左団次に、明治の高田実、能の喜多六平太、文楽の吉田文五郎、昭和の長谷川一夫、宇野重吉、杉村春子、坂東玉三郎ほか役者の逸話を多数紹介。「人びと劇場」では舞台『雨』出演の名古屋章、江波杏子らの芸談も聞ける。また、『雨』稽古場での井上ひさしと長女・都による忌憚のない意見交換も見もの。<主な内容>■前口上=井上ひさし ■芸談スクラップ=井上ひさし ■いま、芸を語る/山本安英、小澤栄太郎、渡辺美佐子、小沢昭一 吾妻徳穂×野村万之丞×中村扇雀 ■特集◎藝談・名優たちの伝説 幕間対談=渡辺保×小田豊二 雨 人びと劇場/名古屋章、江波杏子、金井大、森田育代、蔵一彦、伊藤てるみほか ■連載・夢まぼろし女剣劇(9)=森秀男 ■インタビュー=鵜山仁 ■稽古場にて=井上ひさし×井上都 ■エッセイ=井上都 ほか。※【ご注意】お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。 価格864円~

537703112

昭和芸能史 傑物列伝

昭和芸能史 傑物列伝

昭和芸能史 傑物列伝「国民栄誉賞」で見る昭和芸能史。美空ひばり、長谷川一夫、藤山一郎、渥美清、森繁久彌、森光子。昭和・平成の大スターにして国民栄誉賞を受賞した6人。彼らの足跡を辿り、大衆とスターが織りなしてきた芸能史を紡ぎだした意欲作。演出家としてスターたちと直に接してきた著者が、スターがふともらした言葉、仕事に向かう姿勢、演技を離れたときの素顔などを回想し、その芸の本質に迫ります。美空ひばりはなぜ「下品」といわれたのか? 長谷川一夫の「科学的」な演技。知られざる渥美清の素顔。「戦争をしくじった」――森繁久彌が生涯抱えた陰影。等々、同時代の雰囲気を克明に回顧することで、6人の「傑物」が芸能史において、いかなる存在であったかも浮かび上がらせます。 価格850円~

コメントを残す