<< 2016年09月
新着ピックアップ記事
最近のコメント
月別記事
Yura-Linkブログ速報カテゴリ
2015.01.15 13:09

観光大国・日本、満足度90% ネガティブ意見ほぼゼロ

外国人観光客の日本での消費活動について最新データで見ていきます。
まずは観光客の国籍別内訳です。

●どこの国や地域からの旅行客が多いの?
日本政府観光局(JNTO)の最新データによると、
2014年1月から9月までの国籍別外客数は、以下のとおりです。
http://biz-journal.jp/images/post_8574_c1.jpg

上位3地域(台湾・韓国・中国本土)の合計で、全訪日外客数の60%超を占めます。
これに米国・香港・タイまで加えると75%に上り、米国を除いて日本の観光客は
大きくアジアに偏っていることがわかります。以降のデータは、この上位6地域を対象として
国土交通省観光庁が14年7月~9月に調査したデータをグラフ化していきます。

日本を訪れた旅行客の国・地域別訪問回数割合です。
http://biz-journal.jp/images/post_8574_c2.jpg
台湾や香港の観光客にはリピーターが多く見られる一方、中国本土からは突出して
「初めて日本を訪れる観光客」が多いことがわかります。
この初めて訪れた観光客をどれだけリピーターに変えることができるかに、
今後の日本の観光ビジネスの成功がかかっているといえます。

●日本では何にお金を使っているの?
http://biz-journal.jp/images/post_8574_c3.jpg
宿泊施設に費用を割くのは中国人と米国人で、飲食費には大きな差はありません。
グラフの中で最も特徴的なのは、2位のタイにダブルスコアをつけた中国人観光客の「買い物代」です。
調査平均で12万円を超えるなど、中国人観光客にとってショッピングが重要な旅行の目的に
なっていることがわかります。
逆に買い物に割く金額が少ないのは韓国人で、消費は鈍い傾向にあります。

●日本で何を買っているの?
http://biz-journal.jp/images/post_8574_c4.jpg
購入額が大きい緑色のバー「カメラ・ビデオカメラ・時計」などの精密機器は相変わらずの存在感を示しています。
ショッピング志向が顕著な中国人は、「電気製品」の購入額が大きいのが特徴です。
また、中国人観光客には「化粧品・香水」「服(和服以外)」の人気が高いこともわかります。
親戚や知人から頼まれて購入する場合もありますが、転売目的も多いといわれています。
ちなみにマンガ、アニメ、キャラクター関連商品に関する消費は多い国でも1万円程度で、
意外と金額的には小さいようです。

●日本旅行の満足度は?
http://biz-journal.jp/images/post_8574_c5.jpg
 このデータは旅行の満足度調査です。再度来日したいかとの質問に対する回答は、
「必ず来たい・来たい」合計で、ほぼ90%の高い満足度を得られています。
ネガティブな反応はほとんどなく、日本を訪れた多くの観光客は「また来てもいい」と考えているようです。

こうして見てくると、買い物に大きな魅力を見いだしている中国人観光客の特異性に、
やはり目が留まります。ショッピング欲旺盛な中国人観光客のうち、60%が初めて日本を訪れた人たちでした。
滞在時の満足度は高いので、この初訪日客のいくらかがリピーターとなってくれれば、
今後も中国人観光客の買い物ツアーが日本経済にもたらす効果はどんどん大きくなっていくと考えられます。
20年に開催される東京オリンピックまでに、さらに盛り上がってほしいものです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150114-00010002-bjournal-bus_all

商品紹介

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7