<< 2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のコメント
2016.09.13 10:33

強父論 阿川佐和子


阿川 佐和子(著/文)


発行:文藝春秋


四六判   272頁 


定価 1300円+税


ISBN 978-4-16-390491-7 C0095


書店発売日 2016年7月29日


登録日 2016年5月28日


強父論 阿川佐和子

紹介


阿川弘之氏が94歳で大往生されてから、今年八月で一年。娘佐和子が、強父語録とともに、父との62年間を振り返ります。たとえば――。


「なんという贅沢な子だ。ふざけるな!」……4歳のサワコ嬢は、「このイチゴ、生クリームで食べたい」と口にしただけで、このようにと怒鳴られます。以来、罵倒され通しの日々が続くことになるのでした。


「勉強なんかするな。学校へ行くな」……弘之氏は、特に娘は、勉強なんかしなくてもいいから、家でうまい食事を作れ、という主義でした。大学のテスト期間中も、サワコ嬢はお酌の相手をさせられたのでした。


「子供に人権はないと思え。文句があるなら出ていけ。のたれ死のうが女郎屋に行こうが、俺の知ったこっちゃない」……娘のちょっとした口応えに対して、弘之氏は烈火のごとく怒り、このように言い放ちます。これは弘之氏の口癖でした。


「老人ホームに入れたら、自殺してやる!」……元気な頃の父は、こうくり返していました。足腰が弱ってからは渋々、老人病院に入院しましたが、そこでも「すきやきが食べたい」「ワインが飲みたい」とわがまま放題なのは変わりませんでした。


いまや絶滅寸前の、怖くて強い父親ぶりが存分に描かれます。



関連ピックアップニュース

社会情勢・都市の風景

PR 広告

商品紹介


アマゾンの場合


1 | 2 | 3 | 4 | 5   >>次へ